« 2011年08月 | メイン | 2012年03月 »

2011年09月 バックナンバー

2011年09月28日

『1日3食の間違い』 聖路加国際病院理事長 日野原重明

『病気にならない15の食習慣/楽しく生きる長寿の秘訣』
聖路加国際病院理事長 日野原重明 日本未病学会研究センター所長 劉影 著より

朝食を抜くと太りやすい身体になると信じ込んでいる人がいますが、そういう研究報告はされていないと思います。発育期の子どもたちの調査では、1日3回食事をとらないと身体に悪いという報告はありますが、

仕事に追われる40代、50代が、朝食抜きで出かけるのは、今の日本の社会においてはむしろ普通で、朝からゆっくり食事ができるという人のほうが珍しいでしょう。責任ある仕事を任されている人ほど、朝は忙しいものです。

病気にならない15の食習慣 表紙m.jpg
 
 
 
バイキングで、3000円払って
4000円分食べようとする人は
長生きできません-

 
 
 
 
 
 
 
 
そんな状況を気に病むことも、また、出勤途中に無理に何かを食べようとする必要もありません。朝食ぐらい抜いたって大丈夫。
もしかすると、「朝食をしっかり食べるより、抜くくらいのほうが調子いい」と感じることがあるかもしれません。実際、先夜の過食を調整するには、朝食を抜くほうが身体に良い場合もあります。

時間短縮のため、ろくにかまないで朝食を食べたり、また、熱いものを急いで胃に流し込んだりしている人がいますが、そのほうが、朝食抜きより胃に負担をかけているといえるでしょう。

大切なのは食事の回数ではなく、“質”です。栄養素は偏っていないか、その量は 自分の生活に見合ったものかどうかという点で判断してください。


 夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→ 

高品質・リーズナブルな価格のプロテインサプリメント『サプリタイム』→


2011年09月26日

【解説】「まったく・・・」どころではない。なんと、この馬鹿で無知な男達は・・・!

栄養バランス
まったく男ってやつは・・・

「小太りなのに・・・」と、その青年は言った。
「小太りなのに、こないだ栄養失調になったんですよ。体調があまりにも悪いんで、病院に行って検査してもらったら、そう言われて。思わずお医者さんに聞いちゃいましたけどね。

『えっ、小太りなのに?』って。どうやら、一人暮らしで外食ばっかりで、安く済むからつて、具のほとんどないカレーライスや牛丼を食べてたせいらしいんです。腹にはしっかりたまるんですけどねえ・・・・・・」
青年は声を落とし、この世の深淵な謎を教えてしんぜよう、という顔つきで、
「“カロリー"と"栄養"はちがうものなんですよ」
「・・・・・・知ってるよ!」
「えっ? 知ってるの? みんな?」
みんな知ってるよ!
まったく、男ってやつは。

その話を聞いた帰り道に、ふっと思いだした。編集さんたちとゴハンを食べに行ったとき、痛風持ちの男性陣がワインをがぶ飲みしていたことを。男ってやつは・・・・・・
(女達はいつだつて心配してるのに・・・・・・).。

おや。そのせいでさらに思いだした情景がある。通っていた空手道場主催のバーベキュー大会でのことだ。海辺に集まって火を起こし・・・・・・いざ肉を焼こうと袋を開けると、なぜか牛コマばかり何キロも出てきた。が、男達は気にすることなく、コマ切れ肉にタレを振りかけて炒めては、ビールでグイグイ流しこみ始めた。
「やっぱり肉だな」
「おう、肉だよな」
誰も野菜を食べない。女性陣がおいしい焼きそばを作った頃には、男達は満腹になり、野菜と炭水化物を炒めたものになんて1ミリの興味も示さず・・・・・・つぎつぎにザブーンと海に飛びこんでいった。

あっ、お酒を飲んですぐに水に入ったら、危ない・・・・・・と思うまもなく、一人が全身に蕁麻疹(じんましん)を出して真っ赤に腫れあがって倒れ、救急病院に運ばれていった。その大騒ぎを横目に、女達は黙って焼き』そばを食べていた。と、一人がボソッと・・・・・・「男ってやつは!!」。まったくねえ・・・・・・。

食育、という言葉を知ったのはそう昔ではないけれど、やっぱり美容と健康が気になって、色の濃い野菜と薄い野菜、蛋白質も肉に魚に大豆に、とバランスを考えながら、日々のゴハンを粛々と食べている。やつらからは「つまんねえこと考えて生きてるもんだなぁ。女ってやつは」と言われそうだが。もぐもぐ。

『2011年(平成23年)9月24日土曜日 朝日新聞
作家のロ福  桜庭一樹』より、全文掲載。


 夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→ 

高品質・リーズナブルな価格のプロテインサプリメント『サプリタイム』→

2011年09月01日

早期発見では遅い! 健康サイドからみた“がん”等

生活習慣病とは、何年も、何十年にもわたる悪い生活習慣や生活環境(食品添加物、農薬、有害重金属汚染等)によって体内が汚染され、蝕まれた結果として病状が現れてきたものです。だから、病院に行くようになった時点では、すでに病状が相当に悪化しているか、あるいは進行していると考えた方が妥当なのです。

特に、がんの場合はなおさらです。
医師は早期発見と言うかもしれないが、それはあくまで治療しやすいか否かという“治療サイド”からみたことで、“健康サイド”からしたら、かなり末期的な症状であると言わざるをえないのです。

医師とレントゲン写真.jpg

実際、早期がんで1㎝大といっても、そこまでがんが成長するに10年ぐらいの歳月がかかっています。さらに、そこから末期がんの大きさになるのに3年~5年です。

がん細胞の増大プロセス.jpg

つまり、病状が隠されていてわからなかっただけで、健康(=予防)の観点からすれば早期でもなんでもない、むしろ遅すぎるのです。

しかも、がんをはじめとした生活習慣病は、必ず生命に危険をおよぼします。

奇しくも、6割もの人たちが生活習慣病で死んでいます。その一方で、7割の人たちが楽観的な考え方を持っていようです(アンケート調査結果を参考)。
これには相関関係があるように思われます。結局、楽観的で安易な健康観を持っている人たちほど、がんはをはじめとした生活習慣病になっている可能性が高い、と結論づけられるのではないでしょうか。



生活習慣病のリスク低減 サプリメント「MaxPia」

 夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→