« 2011年01月 | メイン | 2011年06月 »

2011年02月 バックナンバー

2011年02月09日

標準体重でも、筋肉量にこんな差が出る!

男性の場合、身長170㎝で体重が63㎏であれば、BMI=22の標準体重。
でも、同じ標準体重であっても“体脂肪”のことを忘れてはいけません。

なぜなら、中高年になると見た目はスリムな標準体重であっても、体脂肪率が25%以上の人というのは珍しくない。男性の体脂肪率は15%ぐらいが望ましいので、こういうのを“隠れ肥満”と呼んでいます。

かく言う私の場合は、身長170㎝で現在の体重は61㎏、体脂肪率は11%です。
15年前は、体重75㎏で体脂肪率24%の肥満体でした。それがBOSSダイエットで63㎏(-12㎏)、15%の標準体重、標準体型になれた。

以来、それを維持してきましたが、2年半前から始めたボクシングで、さらに体重、体脂肪を下げることができました。今の数値は、まさにアスリート級と言ってもいいぐらい。

さて、同じ標準体重でありながら、体脂肪率25%と15%ではどう違うのか? つまり筋肉量の差がこれほど違ってくるということなのです。

■Aさん体重63㎏で体脂肪率25%は、63×0.25=15.8㎏(体脂肪量)。
■Bさん体重63㎏で体脂肪率15%は、63×0.15=9.5㎏(体脂肪量)。
すなわち、この体脂肪量の差は、だいたい筋肉量の差と考えられるので
1.8-9.5=6.3㎏(筋肉量の差)にもなるのです。

さらに、今の私の筋肉量と比較すれば、61㎏×0.11=6.7㎏(体脂肪量※筋肉量ではないので注意)。そうすると、(私の筋肉量61-6.7)-(Aさんの筋肉量63-15.8)= 7.1㎏
ちょっとわかりずらい計算になりましたが、つまり、私は体重が2㎏少ないのに筋肉量はAさんよりも約7㎏も多いということになります。

想像してみてください。赤身の肉(筋肉)7㎏を・・・。
これは、とんでもない体力差となってくることは間違いありませんね。

筋肉を落とす⇒代謝が下がる⇒相対的に体脂肪が増える、太りやすい体(これも老化現象)。

運動も大切ですが、食事では、たんぱく質を中心とした豊富な栄養を摂ることが重要になります。私の場合、プロテイン(ビタミン、ミネラルも配合)を毎日欠かさず利用しています。

  夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→ 

2011年02月04日

運動をしない若者よりも、スポーツを持った高齢者

年取れば、若い頃よりもどんどん体力が衰えて、動きの悪い老人になっていく。当たり前のことのようだけど本当なんだろうか?

私は59歳からボクシングを始めて2年半経ちますが、「絶対に違う!」と、確信を持つようになりました。

若いときにアスリートだったり、プロの選手だったりする人達も少し年齢が上がると引退しますね。つまり老化によって運動能力が低下することは間違いない。しかし、これは次元の違う話で、かなりトップレベルの運動能力においてのこと。われわれ一般人とは比較になりません。

実際、プロだった人などは、高齢になっても運動をしていない若い人達よりもかなり高い運動能力を有していることは、よく見かけられることです。

ぎゃくに若い頃はほとんど運動をしていなかった人でも、高齢になってスポーツを持てば、飛躍的に運動能力が上がる可能性があるのです。

%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E3%81%A8%E4%BD%93%E5%8A%9B%E7%AD%89%E3%80%80blog%E7%94%A8.jpg

---以下、「能力を手で伸ばす」京都大学名誉教授・久保田競著を参考に---
外国の研究ですが、スポーツをしているか否かで、若者(20~30歳)と老人(50~70歳代)の運動能力を比較した結果があります。この場合の運動能力は「反応時間と運動時間」です。
※50歳で老人とはちょっと抵抗がありますが・・・。

【反応時間】とは、目に入ってくる刺激に対して体を動かします。たとえば、テーブルにリンゴがあって、それに手をのばそうとした場合、網膜に映ったリンゴが神経情報として脳に伝えられ手が動き出すまでの時間で約0.2秒かかるそうです。
また、【運動時間】とは、手が動き出してリンゴをつかんでかじりつく。これにも約0.2秒かかるそうですが、実際に筋肉が動いている時間のことです。

年取ってくれば反応時間、運動時間とも遅くなってくるのは当たり前のことのように思われますね。
でも、この研究では、週3回以上のスポーツ(この場合、ジョギングとラケットボール)を持っている老人のほうが、運動していない若者よりも反応時間、運動時間とも短いという結果になったのです。

%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%83%BB%E5%8F%8D%E5%BF%9C%E6%99%82%E9%96%93%20blog%E7%94%A8.jpg

----------------------------------

アンチエイジングには、スポーツを持つことがいかに有効かという証明ですね。私もボクシングというスポーツを通じて、80、90歳になっても若者に負けない運動能力を維持していきたいと思います。アンチエイジングを唱えている自分ですから、それを自身で証明していかなければなりませんね。

  夕食たっぷりのBOSSダイエット法/トップへ→