« 2009年10月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月 バックナンバー

2010年03月29日

本能のままだと肥満!

自然界の中にすんでいる動物に肥満があるでしょうか? ありませんね。
では、人間が肥満するのは自然界の中にすんでいないからでしょうか? この命題を考えてみるとおもしろいことがわかってきます。


`pW[.jpg


至極当前のことですが、人間の体そのものは自然の産物です。それこそ医者がつくったものでもなければ、どこかの工場でつくられたものでもありません。つまり人工的なところは一つもない(人工歯、人工心臓を入れたとかはべつの話です)。


進化論によれば、人間の先祖はチンパンジーやゴリラ、オランウータンと親戚の類人猿だそうです。しかしながら、チンパンジーやゴリラとは比較にならないほどに人間は大脳が発達しています。どうして、これほど大脳が発達したのでしょうか?
数百万年前の人類は、現在の人間よりも、ずっとチンパンジーに近かったそうです。その時の脳は、本能をつかさどる「動物脳=古い脳」が大部分を占めていました


ところが天変地異によって、直立二足歩行という他の類人猿とはまったく別の生活形態を余儀なくされたのです。その頃から脳が飛躍的に増大したといいます。動物脳を中心に、まわりに「大脳新皮質=新しい脳」が発達したのです。こうして人間は「考える力」を持ちました。


実に多くのひとが「自然のままにとか、本能のままに生きてみたい」とか言い、いかにも本能(動物脳)が直接働きかけてくるようなイメージを持ちますが、このように大脳新皮質が発達した人間の脳においてはありえないことなのです。


脳科学上では、動物脳から発信される本能や感情でさえも大脳新皮質を通過してからでないと発現できないことがわかっています。つまり、どんな行動でも、必ず何かしらの「考え」を伴っての行動なのです。「意志」が反映されているのです。
したがって、意志が弱いというのは、言い換えれば「考える力が弱い」、ということになるんですね。


l]].jpg


では、どうして人間は肥満を起こすのでしょうか? 自然界にすむ動物は肥満を起こさないのに。
答えは、厳しい自然環境の中で食がコントロールされているからです。
でも、ペットのサルや犬は肥満を起こします。人間である飼い主が、餌を与えすぎて過食にしてしまったせいです。人間の身勝手さで、ほとんど動物脳しか持たないペットの食を崩壊させてしまったのです。


こうしたことからも、人間が肥満になる根本の原因を理解できます。


つまり、肥満を起こす人は「自分をペット化」しているのです。大脳新皮質を正しく使わず自分に過剰な餌を与えているのです。しかも現代は飽食の時代、餌はいくらでも手に入ります。
そして、「いくら食べても痩せられる」という宣伝にのって、いかがわしいダイエット食品を買ってはダイエットに失敗するのです。


肥満を解消するためには、こうした人間独自の脳の働きを理解する必要があります。
つまり、 「正しい食事のし方」を大脳新皮質に学習させなければなりません。言いかえれば、食に対する躾です。この躾ができていないのは、数百万年前の人類の脳と同じで、チンパンジーとそれほど変わらない程度にしか脳を働かせていないことになってしまいます。


大脳新皮質を正しく働かせ、正しい食のコントロールのし方を知ってください。それが「人間脳の働き」を考えた、唯一の肥満解消法方法なのです
ちなみに「BOSSダイエット法」を習う意味は、そこにあります。


「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→

2010年03月23日

巷のダイエット、その効果のほどは?

某調査会社が、「女性のダイエットに関する意識とダイエット食品のネット購買行動調査」というのをやった。

過去にどんなダイエットをしたことがあるか? に対しては、やはり「ダイエット食品」が最も多く、次にサプリメント、漢方茶などと続いていく。エクササイズのDVD・ビデオなんていうのも3割ちかくあるから、かのビリーズブートキャンプも相当に貢献したようだ。でも、いまや完全な下火?

意外に購入割合が少ないのが乗馬型器具のロデオボーイ。まっ、考えてみれば当たり前。あんなものに毎日乗っかってはいられないだろうし、ダイエット効果もほとんど見込めない。だいいちジャマ。 


1220購入したことがあるグラフ.jpg


そして対象者全員が一度は購入したことがあるのがダイエット食品。その内訳をみると「やっぱりそうか!」という感じ。

コンニャク(マンナン)を使ったタイプが第1位。それに続くのが、ブロックタイプのバランス栄養食(カロリーメイトのようなもの)、水に溶かして飲むタイプ、ダイエットクッキー。寒天ダイエットもテレビの影響を受け、一時、相当に流行ったこともあって、その影響なのか約4割のもの人が買ったことがあると回答した。


1220ダイエット食品のタイプグラフ.jpg


でも、こうした気休め的なダイエットをやったところで、たとえ一時的には効果があっても、すぐにリバウンドする。健康面でも、こうした栄養価の低い単品ダッイエットはかなり問題である。

ダイエット効果の判定には?「効果指数」というのがある。「効果があった、やや効果があった」という回答数から、「効果がなかった」という回答数をマイナスして、それをパーセンテージで表す。


1220効果指数グラフ.jpg


すると、皮肉なことに、人気(購入したこと)のあるダイエット食品ほど効果が無かった結果になっている。購入率第1位のコンニャクなんかは(効果指数では)かなりマイナス。ダイエットクッキーは、もっとダメだった。

つまり、世の中で宣伝されてブームになるダイエット食品や一般の消費者が安易に購入するダイエット食品というのは「ほとんど効果が無い」と考えたほうがよさそうである。

ちなみに、唯一、最も効果があった(効果指数がプラス)というのは牛乳や水に溶かして飲むタイプ。すなわちプロテインを主体にした「サプリタイム」と同様の製品。それでも・・・、効果指数が16%というのは、効果が無かったと回答した人達も結構いたことになる。

つまり、このタイプのダイエット食品にしても、ただ飲めば痩せるというのではなくて、BOSSダイエットのように、正しいダイエットの知識を持って使わないと効果が見込めないということ

「なぜ、世の中のほとんどのダイエットが成功できないのか?」がよくわかって、この調査結果は非常に面白い。

「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→

2010年03月15日

サラリーマンの眠気を解消する食事法

サラリーマンの仕事中の眠気で、年間3兆5千億円もの経済損失が出でいるとの試算が出された。

アンケート調査によると、「問題あり」と分類されたグループは眠気の頻度が月平均5回で、眠気の頻度が「(勤務中)問題なし」のグループに比較して2倍も多く、欠勤や遅刻の頻度も高かった。また、仕事の能率も4割低かった

日本人の勤労者の眠気がこれほどひどいとは! 睡眠無呼吸症候群(SAS)による居眠り運転等が問題になっているさなか早急な対策が望まれる。

そこで、一つ提案したいのは「食事の仕方によって眠気が改善できる」ということである

具体的には、「炭水化物」を多く摂ると、脳の松果体から、メラトニンという「眠気ホルモン」が出される。

朝食に、ご飯やパンなどの炭水化物をしっかり食べると「副交感神経」の働きも重なって、完璧に眠くなってしまうのだ。よく朝の通勤電車の中でコックリ、コックリしているサラリーマンを見かけるが、仕事のしすぎや前の日の飲み過ぎもあるかもしれないが、こうした朝食のとり方も大いに関係してくる。

一方、「たんぱく質やビタミン」を補給するとノルアドレナリンが出されて、活動のための「交感神経」を刺激することになる。体や脳の活動も活発になる。したがって、眠気も解消できる。

海外出張の多いビジネスマンの場合、時差を考えて、この食事の仕方をうまく利用している例もあるらしい。まさに食事によって積極的に眠気を調節しているのである。

BOSSダイエットの例で、「朝からパッチリするようになりました! しかも夜はよく眠れる」という体験者が多いのは、実は、朝食は、たんぱく質+ビタミン+ミネラルを豊富に摂るが、炭水化物は摂らないという仕組みがあったからなのだ


「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→

2010年03月13日

「肥満男性は損ヨ!」と女性の8割が回答・・・

某男性専用エステサロンを経営する企業で、
「男の肥満」に関するアンケート調査を実施した。回答者は20代~50代の働く女性1000名。

そして、女性から見た“肥満男性の評価”は・・・、
約8割が「汗かき」「暑がり」「がさつ」「短気」と悪いイメージ。残りの2割が「愛嬌がある」「やさしい」と良いイメージの評価をしている。

男性の内蔵型肥満.jpg

さらに、仕事にたずさわる男性のイメージとしても、
「怠慢」「スケジュール管理能力不足」「頭の回転が悪い」など散々だった。

確かに複雑になった現代社会においては、他人の評価は中々難しい。となれば、ファーストインプレッションで、見た目重視となるのも当然のことだと思うし、少なからず人間関係や仕事に影響を与えることは間違いなさそう。社会的にも「肥満」していること自体が損になるといえるだろう。

一方、この調査は女性から見た男性の肥満であって、男性が「女性の肥満」をどう見るかもあってよさそうだが、その調査結果は見当たらなかった。そこで私が勇気を持って、その問いに答えると・・・。

「食べものに貪欲」「インセンシブル」「そんな派手派手しいものを着るより中味をシェイプアップしたら」になりそうである。

何と、女性を怒らすよなことを言ってしまったが、これも日本の女性に、さらに健康で美しくなっていただきたい男心からなのだ。ぜひ、ご容赦願いたい。

人は見た目が9割.jpg


「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→

2010年03月10日

「朝食しっかり、夕食制限」では、ダイエットに成功しない生理学的なわけ!


以下、お茶の水クリニック診療斑の記事より
「お茶の水クリニック院長・森下敬一医学博士、第51、52、61回衆議院国会技術振興特別委員会で、がん問題、食品添加物問題の重要参考人を歴任」


「朝食は一日の活動源である」・・・・・・とは、よく耳にする言葉ですね。
実際に「その通りだ」と考えて、朝食をしっかり食べている方も多いのではないでしょうか?

今回はそのことについて、主に「生理学的」な見知から考えてみたいと思います。

あなたは「同化作用」とか「異化作用」という言葉をお聞きになったことがありますか? 
この「同化作用」「異化作用」というのは、生体を最も根本のところで支えている生理機能のことで、お互いに相反する働きをしています。

「同化作用」というのは、(食物、栄養素などから)生体物質を合成し、エネルギーをを蓄積していく機能です。「異化作用」というのは、その反対に生体物質を分解し、エネルギーを解放(消費)していく機能です。

そして、この二つの作用は、夜と昼とでまったく切り変わるのです。

「同化作用」というのは、日が暮れてから明け方までの夜間においては“優性”になり、
ぎゃくに「異化作用」というのは、夜が明けてからの日中において“優性”になります。
つまり私たちの身体というものは、夜眠っている間に、身体の中の栄養エネルギーを蓄積し、夜が明けると同時に、その栄養エネルギーを消費しながら活動する・・・・・・、ことを毎日おこなっているわけです。

1日のサイクル円グラフ.jpg

このことを、私たちの生活に即して、さらに具体的に言いますと、次のようになります。

●「同化作用」=食事をする、休眠をする
●「異化作用」=排泄をする、活動をする

ようするに、食事をすることによって心身がリラックス状態に入ってやがて眠りにつき、熟睡中に「同化作用」は完了します。また朝、目覚めたら不要物質をすっかり排泄して身軽になって
「異化作用」でエネルギーを存分に使ってさまざまな活動をおこなう・・・、
これが人間として正常な一日の生理活動になるわけです。

ですから午前中、とくに朝というのは「排泄」の時間帯であり、
決して“一日の活動源”をつくる時間帯ではありません!

つまり、その日のエネルギーというものは、実は、前日の夜までに食べた食糧によって、ちゃんと準備されているのです。車の場合なら、注入したガソリンがすぐに役立ちますが、人体の場合はそうはいきません。

食べたものがエネルギーになるためには、少なくとも7~8時間かかります。


交感、副交感神経の働き図.jpg


ですから、本来は“排泄の時間帯”である朝に・・・、「朝食は一日の活動源である」という誤った考え方で、多くの食べ物をお腹に送るのは胃腸に相当な負担を強いることになってしまいます。
また、自然な排泄反射にもブレーキをかけることになってしまいます(モチリンという腸の蠕動運動を促すホルモンの分泌も悪くなり、便秘もしやすい)。

「排便をしっかりおこなうためには、朝食をしっかりとる」と言われる場合がありますが、それも錯覚にすぎません。つまり、腸管はトコロテン式になっているわけではありません。たくさん食べて押し込んだら排泄しやすくなるという具合にはなっていないのです。

ですから、朝の「排泄」をスムーズにするためには
「朝食を少なく、または抜く」ことが良いのです。


【Dr.ナガシマより】

朝しっかり食べて、夕食は制限するなどと、ひじょうに間違った考え方が世の中には蔓延しているような気がします。

夕食は、同化作用によって翌日のエネルギーを蓄えるために、あるいは新陳代謝をおこなうために、ひじょうに重要な役割を果たしているのです。

それなのに、このような間違った考え方のために、夕食を敬遠したり、夕食を食べることがトラウマになっている人が多く存在しているように思われます。

ここで強調しておきたいことは、人間にとって最も大切な夕食を制限してダイエットに成功することはありえません。むしろ危険な行為と言わざるを得ないのです。

「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→


2010年03月09日

人間の身体の約20%はアミノ酸=プロテイン

筋肉や内臓、血管や皮膚、毛髪や関節組織など、人間の身体の約20%はたんばく質でできています。
そのたんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。例えば、体重50㎏であれば、その内の約10㎏がアミノ酸ということになります。
私たちが肉、魚、穀物などを食べると、その中のたんぱく質はアミノ酸に分解されてから吸収され、体内で再び、たんぱく質に組み換えられます。

アミノ酸には500以上の種類があるが、人間の身体を構成するのは、その内の20種類。
このうち体内で合成できずに食べ物から摂取しなければならないアミノ酸を「必須アミノ酸」といい9種類あります。必須アミノ酸は、一つでも欠けると体の機能を保てなくなるので、毎日必ず補給しなければならない重要な栄養素です。
また、残り11種類のアミノ酸は体内で合成できるために「非必須アミノ酸」といいます。

%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9Eblog.jpg


これらのアミノ酸が数十から千以上、複雑に組み合わさったのがたんばく質で、身体の各部分を形成し、いろいろな生理作用のためにも使われます。

因みにプロテインというと、サプリメントの名称のように思われてますが、英語のプロテインproteinは、たんぱく質のことです
ギリシャ語の「第一位のもの」を語源とし、私たちの身体の「第一の構成要素」という意味で学術用語として名付けられたようです。

「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→

2010年03月08日

ジョギングで、どのぐらい痩せられるか

運動で、どのぐらい痩せられるでしょうか? 運動でダイエットというと必ずジョギングがでてきます。この例でお話ししましょう。

ジョギングの消費カロリーはだいたい、
消費カロリー(kcal)= 体重(kg)× 距離(km)
と言われています。
かりに4㎞走ったとすれば・・・

体重60㎏の人であれば、60㎏×4㎞=240Kcal

このカロリー消費量を“食事の量”にしてみると、せいぜいご飯1杯程度。つまり、これまでの食事の量をほんの少し減らすだけでも、毎日4㎞ものジョギングをするのに匹敵するダイエットになるのです。

男の茶碗では150g   252kcal
女の茶碗では110g   185kcal

しかも、毎日ジョギングができる、それも長期間にわたってできる人って、どのぐらいいるでしょうか。かりに“1週間に2~3回程度はできる”としても、それを1日平均に換算してみると、たった100Kcalのカロリーしか低減できません。

1㎏の体重を減らすためには、7000Kcalを消費しなければなりません。
すなわち、1週間に2~3回程度のジョギングでは、

1Kcal×100Kcal×30日÷7000Kca=0.43㎏=430グラム

1ヶ月間続けても、計算上430グラムの減量にしかならないのです。

さて、年齢と共に基礎代謝量が減ってきてしまいます。20代の頃から比べると40代の基礎代謝量は男性で1日50Kcal程度(女性70Kcal)減ります。また、50代に至ると男性で200Kcal(女性120Kcal)も減ってきてしまいます。
※基礎代謝量とは生命を維持するのに必要な最小のエネルギーで、仰臥安静にしている状態で消費する熱量のことです。

基礎代謝量(年齢に伴う基礎代謝量の低下)
男20代 1550Kcal→40代 1500Kcal→50代 1350Kcal
女 〃 1220Kcal→ 〃  1150Kcal→ 〃  1100Kcal 


%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E5%88%A5%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E3%82%B0blog3.jpg


20代を越え、年齢があがるにしたがって、どんどん中年太りになってしまうのも基礎代謝量が減ってくるからです。20代と比較すると、同じ食事や運動等の条件で50代では1ヶ月間に0.4~0.6㎏も太ってしまう計算です。1年では何と、4.8㎏~7.2㎏太ることになる!

「いや、運動は筋肉量も増加して基礎代謝量を上げるので減量になる」、という見解もあるでしょう。でも、最近では、筋肉を1㎏増やしても基礎代謝量のアップは10Kcal~20Kcal程度にしかならないことがわかってきました。
※筋肉を1㎏増やすのはとても大変。それに比べたら体脂肪を減らす方がずっとやさしい。


どうでしょうか。1週間に2、3回程度のジョギングやスポーツジム等の運動では、ダイエットは難しいことがよくわかりますね。

では、どうすべきかなの? 言うまでもなくダイエットの基本は「食事法」なのです。それも、長期間継続でき、栄養バランスを崩さず(むしろ栄養バランスを良く)、カロリーを低減できる食事法でなくてはなりません。

「夕食たっぷりのダイエット成功法則 BOSSダイエット方法」/トップへ→